ブログ

年末に見直したい! 冷蔵庫の整理・整頓

冷蔵庫イメージ006

年末に見直したい! 冷蔵庫の整理・整頓

 冷蔵庫にひそむ節電のチャンス

冷蔵庫は24時間365日動いている家電。使用する時間が長いということは、それだけ節電のチャンスがあるということ。そこで今回は、冷蔵庫の電気代をお得にする3つのポイントをご紹介します。年末の大掃除シーズンだからこそ、冷蔵庫の使い方を見直してみてはいかがでしょう?
冷蔵庫イメージ004

 ①冷蔵庫の外側にものを置かない

まずは冷蔵庫の外側。熱を排出する場所なので、ある程度空気の通り道を作っておいた方が、冷却効果が高まります。冷蔵庫横のスペースは、ついついものを置いてしまいがち。「収納場所を確保したい!」という気持ちはぐっと我慢し、冷蔵庫は背面・左右に5cm程度の隙間を空けるように配置しましょう。

 ②“詰め込み”を使い分けて電気代をお得に

「冷蔵庫にものを詰め込みすぎるのはNG!」と、耳にしたことがある人も多いのでは? その言葉通り、冷蔵部分にものを詰め込みすぎると、室内が冷えるのに時間がかかってしまい、電気代が上がる原因になります。逆に、冷凍部分ではできるだけ冷凍食品を詰め込むことで冷却効果が上昇!電気代が節約できます。どちらも気を付けたいのは、扉を開ける頻度と時間。扉を開けたときに冷たい空気が逃げれば、それだけ電気代も余計にかかります。特に開け閉めの多い冷蔵部分に関しては、中にビニールなどのカーテンを付けて余分な空気が逃げないようにするのも良いでしょう。

 ③掃除と除菌で冷蔵庫をもっとキレイに

冷蔵庫の中身を整理整頓したら、忘れずにしておきたいのが掃除と除菌!冷蔵庫の中が汚いと、異臭がしたり食材が傷む原因にもなってしまいます。年末年始の大掃除のタイミングなど、定期的に中身を見直すとともに汚れを落としましょう。せっかくキレイにした冷蔵庫は、その後の使い方にも気を配りたいもの。特に、野菜室は冷蔵庫の中でも比較的室温が高く野菜の呼吸もあるため最も雑菌が繁殖しやすい場所です。野菜はビニールやラップに入れて保管したり、古くなったらこまめに捨てるなど、野菜室が汚れないように工夫しましょう。

 定期的なお手入れで“キレイ”をキープ

冷蔵庫がキレイだと、それだけで日々の料理も楽しくなりますよね。冷蔵庫のお手入れの最大のコツは、「一度キレイにしたらその状態を保ち続けること」。定期的な整理整頓や清掃を心がけ、いつまでもキレイな冷蔵庫をキープしましょう。

 
冷蔵庫の整理整頓の仕上げにはこちらの商品がおすすめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

ページ上部へ戻る